この記事のカテゴリ:Interview

Amina Figarova Interview

2013/01/21

2013年、ジャパンツアー決定!


アミーナ・フィガロワ セクステット

余裕の笑顔の演奏
Photos by Andrea Canter, live in the Dakota Bar, Minneapolis, MN

アミーナ・フィガロワ(Amina Figarova)は、
アゼルバイジャン、バクーの出身のジャズピアニスト。
2013年のジャパンツアーのブッキングに日本に寄った際に
アミーナとバートお話しをお聞きしました。


バートも熱奏

愛嬌たっぷりのアミーナ
Photos by Andrea Canter, live in the Dakota Bar, Minneapolis, MN

編集部(以下R):お久しぶりですね?
アミーナ&バート(以下A):2010年のニューポート以来ですね。
R:日本は、初めてですよね?いかがですか?
A:そうだね?、今、ニューヨークにロッテルダムから移り住んだからあんまり違和感は、感じないよね。ビルが、高くて交通の便が、いいところなんかは似てるよね。
R:そうですね、ニューヨークの中だけをとったら地下鉄が、網の目のように発達していますから東京と同じように過ごしやすいかもしれませんね。
ところで、今回の来日の目的は?観光ではないですよね?(笑)
A:先にお伝えしたように2013年のワールドツアーの中に日本も組み込もうと思って。
R:では、いよいよ日本での本格的なデビューですね?
A:そうそういくら世界的にデジタル・モードだからって我々音楽家は、演奏しなけりゃ評価も得られないからね。
R:でも、NYに移り住んでからますます忙しくなったのではないのですか?
A:まっ、ボクが、忙しくしているだけなんだけど(笑)
R:アーチストは、向こう1年のスケジュールのブッキングは、当たり前ですからね。

A:すでにNYのブルーノートなどでも演奏させてもらっているのでここ日本のブルーノートでも演奏するでしょう。他にもいくつかジャズを演奏させてくれるクラブと交渉していますよ。
R:それは、今から楽しみですね?
A:そうそう、新しいアルバムを出したので持ってきましたよ。
R:ありがとうございます。そういえば、あのときは、発売されたばかりの「Sketches」をいただきました。
i Phoneに入れていつも聞いていますよ。
A:気に入ってもらえてうれしいね。じゃ、今日は、この12枚目のアルバム「Twelve」を。
R:これは、すでにオフィシャルサイトで試聴していますよ。まだ、日本では手に入らない貴重な新譜ですね、ありがとうございます。
A:やっぱり日本で食べる「日本食」は、おいしいですね?
R:NYでも日本食を召し上がるんですか?
A:もちろん、大の日本食ファンだよ。でも、ちょっと高いね。
R:それは、しょうがないでしょうね、じゃ、ここで思う存分楽しんでいってください。


大好きな日本食を完食のおふたり

R:ところで、この後のスケジュールは?
A:つい3日前まで彼女の家のあるアゼルバイジャンのバクーにいたんだけれど、是非、暖かくなったらバクーに寄ってください。
R:そうですね、実は、興味のある国なんですよ。
A:この後は、一度、NYに戻ってからまた、ヨーロッパを回る予定でいますよ。
そうそう、ロンドンの老舗のジャズクラブでも演奏するから是非、聞きに来てください。
R:ロンドンの老舗って?もしかして「ロニー・スコッツ・クラブ」(Ronnie Scott,s Jazz Club)ですか?
A:そうそう日本人でも知ってるよね?あのロニー・スコット(Ronnie Scott)が、残していったクラブでジョン・コルトレーンの息子と一緒に。
R:ぜひ、伺わせてください。
A:前日には、電話が繋がるようにしておくよ。それまでは、メールでね。
R:もちろん、新曲も披露されるのですよね?
A:う?ん、それは、まだ、未定だね。
R:当日を楽しみにしていますよ。今夜、じっくりこの12枚目の「Twelve」を聞かせていただきますね。
では、またお目にかかれる日を楽しみにしています。
A:今日は、とっても素敵な日本食をごちそうになってありがとう、ぜひ、ロンドンの「ロニー・スコッツ・クラブ」(Ronnie Scott,s Jazz Club)で私たちの演奏を聴いていただくのを楽しみにしていますよ。

アミーナ・フィガロワ

アミーナは子供の時から音楽に親しみ、物心ついたころからピアノを学び始めて、作曲にも取り組み始めたという。
アゼルバイジャン共和国のバクー音楽院に入学した彼女はクラシック・ピアノを勉強。
後に、アメリカに渡りボストンのバークリー音楽院に入りジャズを学ぶ。
卒業までに、ロッテルダム音楽院でジャズの公演なども行っているという。
アミーナの良き理解者であるバート・プラトーは、プロデューサーとしても彼女をサポートし彼女の非凡な才能をさらに開花させている。

Discography

AlbumYearLabelDescription
Attraction1995Media Music RecordsCD
Another Me1998Munich RecordsCD
Night Time Bordello Sessions2000Munich RecordsCD
Jazz at the Pinehill Volume 12001Munich RecordsCD
Jazz at the Pinehill Volume 22001Munich RecordsCD
Night Train2002Munich Records5 star CD (JAZZ May 2003)
Come Escape With Me2005Munich RecordsCD
September Suite2005Munich RecordsCD
Above the Clouds2008Munich RecordsCD
Sketches2010Munich RecordsCD
Twelve2012Munich RecordsCD

関連サイト:Aminafigarova.com
関連サイト:アミーナ・フィガロワ紹介

Amina Figarova "Making of CD TWELVE-part 1"

Amina Figarova "Making of CD TWELVE-part 2"

2013/01/21    記事ID:12 6607PV

あわせて読みたい:

欧州圏でブレイクしているTABACOSTA社のブランド、COSTA!<br />ニカラグア産のロブストを試そう!...
フロール・デ・セルバ<br />Flor de Selva 生粋のホンジュラス産が上陸!...
フロールデコパン ・ショートロブスト & <br />マヤコレクション・コロナクリスタル...
「パンター (PANTER)」シリーズに新しく、<br />「パンター・シティ・バニラ」Panter City Vanilla登場...
アンティークなシガーカッターで吸い口を切る<br />Don Diego Aniversario Corona...
メハリス、それは伝説になる。<br />MEHARI’S. The Legend...
銀座のカフェのテラス席で楽しむ<br />Black Stoneのチェリーフィルター!...
You and your Panter are inseparable....
凄い奴が市場に登場!!...
Ahi Nama Tokyoで楽しむ...
革命家が撮影した写真から世界を観る...
カリビア〜ンを味わう!バスコ・ダ・ガマ ラム新登場!...
夏は、アウトドアでクオラム Little Qを持って!...
ボディショット!シャングリア!...
タバコは、嗜好品、でもすべての男は消耗品?...
イタリアン・ナイトin 富山...
スイス・ナイト in 松山...
イタリアン・ナイトin富山...
スイス・ナイトin松山(予告)...
スイス・ナイト in 愛媛...
スイス・ナイト in 富山...
スイス・ナイト in 全国 with Villiger Night<br />「赤」を身につけてスイスを感じる夕べ...
今Nighthawks「夜更かしの人々」の中の孤独...
今宵は、冬のショパン(Chopin in Winter)からPhillies Blunt Vanillaを添えて...
ノンアルコール・スパークリングワイン「セレブレCeleble 0.00%」満足度!安心度!100%...

コメント:

ロコ  41295 コメントID:12
ピアニスト
ジャズもクラシックも縁遠い私、でも、対談おもしろいです!
コメントを投稿
NAME:
お名前
Title:
タイトル
Comment:
コメント
※管理者の承認後表示されます
(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)
category-menu
category-menu
category-menu
イタリアン・ナイトin 富山...
12090
スイス・ナイト in 富山...
11173
イタリアン・ナイトin富山...
10600
スイス・ナイト in 愛媛...
10567
VILLIGER 10 SMALL CIGARS CLASSIC...
10404
ライター:
Carlos Kawashima
LifeMark管理者ログイン

Car(1)
Lifestyle Goods(2)
Liqueur(14)
Cigar(30)
Pipe(1)
Chocolate(1)
Canes(1)
Interview(3)
Column(10)
2012年の記事
2013年の記事
2014年の記事
2015年の記事
2016年の記事